一般社団法人 瀬戸健康管理センターの検査で調べる内容 ページ

健診について

検査で調べる内容

健康診断で実施する検査項目と、その意味についてご説明します。
検査結果を見る際にご参照ください。

健診項目一覧

身体計測

標準体重 身長につり合う体重のことで、身長(m)の2乗×22.5で計算されます。
B  M  I BMIは、体重Kg/身長(m)の2乗で計算され、25.0以上は肥満、18.4以下は体重減少と判定されます。
臍高腹囲 メタボリックシンドロームでは、腹囲が男85cm女90cm以上を異常と判定しています。
肥満度(%) 肥満度は体重/標準体重×100(%)で計算されます。
体脂肪率(%) 体重にしめる脂肪の重さの割合で、体内の脂肪状態を数値であらわします。

視 力

視    力 裸眼視力と矯正視力(眼鏡・コンタクトを使用した時の視力)があり、視力障害を見るものです。
色    覚 色覚異常の有無を調べるものです。

聴 力

会 話 法 通常の会話音域での聴力障害を調べるものです。
オージオメーター(選別) 聴力障害を高音域と低音域で調べるものです。聴力障害は色々な原因があり、加齢による生理的なものもあります。

血 圧

高血圧、低血圧を判定するものですが、血圧は変動が多く、正しく測定する必要があります。1回だけではなく、何回も測定して判断することが望まれます。

心 電 図

心臓の筋肉に起こった電気的変化を波形に現し、その様子から異常の有無、程度を見るもので、不整脈、心臓肥大、狭心症、心筋梗塞などの心臓の病気を発見する検査です。ベットにあお向けになってとる安静時心電図と、一定の運動を行い心電図をとる負荷心電図という方法があります。負荷心電図は安静心電図でははっきりしない異常が現れることがあります。

胸部X線検査

肺結核、肺がん、じん肺などの肺の病気や心臓大血管の異常をみる検査です。以下のような所見がみられます。

右 胸 心 本来は身体の左側にある心臓が右側にある状態です。
心 肥 大 心臓の陰影の幅が胸の横幅の50%よりも大きくなっています。
気   胸 腔内で気体が肺を圧迫し、肺が外気を取り込めなくなった状態です。肺胞の一部がのう胞化したものや胸膜直下に出来たのう胞が破れ、吸気が胸腔にもれる事でおこります。
胸   水 胸部に通常存在しない液体がたまった状態です。原因はさまざまで心不全、腎不全、胸膜炎などの場合でみられます。
胸膜石灰化 肺を包む胸膜にカルシウムが沈着するものです。肺結核、じん肺などの場合でみられます。
胸 膜 肥 厚 炎症などにより肺を包む胸膜が厚くなった状態です。
胸 膜 癒 着 肺を包む臓側胸膜と肋骨の内側にある壁側胸膜がくっついてしまった状態です。
結 節 影 3cm未満の丸い陰影です。過去の肺結核、肺腫瘍などの場合でみられます。
線状・索状影 太さが1~2mmの細い陰影を線状、2~3のやや太い陰影を索状影といいます。過去の肺感染症などの場合でみられます。
粒 状 影 直径数mm以下の顆粒状の陰影が多数みられる状態です。
浸 潤 影 肺胞内への細胞成分や液体成分の貯留によって起こります。肺炎、肺感染症などが考えられます。
陳旧性胸膜炎 過去に肺を包む胸膜に炎症が起こった痕です。
陳旧性炎症痕 過去に肺に炎症が起こった痕です。
右大動脈弓 本来は左側に出る大動脈弓が右側に出ている先天性異常です。
大動脈蛇行 大動脈が湾曲して走行しています。動脈硬化、大動脈瘤などの場合にみられます。
の う 胞 肺内に袋状の空間が生じたものです。
肺 気 腫 呼吸細気管支と肺胞が拡張し、破壊される病気です。
肺 腫 瘍 肺の組織内に発生した腫瘍です。
肺 線 維 症 肺組織が線維化をおこしている病気です。
側   彎 脊柱が側方に湾曲していたり、ねじれている病気です。

胃部X線検査

造影剤のバリウムを飲んで、食道、胃、十二指腸までの各疾患の有無を調べる検査です。特に胃がんの早期発見を主目的としています。以下のような部位があります。

以下のような所見がみられます。

胃 潰 瘍 胃液の消化作用により自身の内壁が損傷した状態をいいます。
胃潰瘍瘢痕 潰瘍が治り、粘膜が修復された痕のことです。
胃   炎 固有粘膜層に限局した炎症性疾患のことです。
ポリープ 粘膜が局所的に隆起した病変をいいます。
十二指腸潰瘍 十二指腸粘膜が損傷した状態をいいます。
十二指腸潰瘍瘢痕 潰瘍が治り、粘膜が修復された痕のことです。
腫   瘍 組織・細胞の一部が増殖した、こぶ状の病変をいいます。
粘膜下腫瘍 粘膜の下から発生した、こぶ状の病変をいいます。
憩   室 壁が一部が外側へ袋状に突出した状態です。
食道裂孔ヘルニア 食道裂孔から胃や食道と胃の結合部分が胸部内に飛び出した状態です。

腹部超音波検査

肝臓では腫瘍、のう腫、脂肪肝など、胆のうでは胆石、胆のうポリープなど、膵臓では腫瘍など、腎臓では結石、のう胞などの有無を調べます。以下のような所見がみられます。

脂 肪 肝 肝細胞に脂肪が蓄積した状態です。継続的かつ多量の飲酒や肥満、高脂血症などが原因になります。
肝 の う 胞 肝臓の中に液体のたまった袋のようなものができた状態です。
肝 血 管 腫 血管が増殖してできた腫瘍で、良性です。ただし、大きい場合や初めて見つかった場合は、精密検査をする必要があります。
肝 腫 瘤 肝臓にできた腫瘤です。良性・悪性の区別など、さらに詳しい判別をするため、精密検査が必要です。
胆のうポリープ 胆のう粘膜にできたポリープ(局所的な隆起)のことです。自覚症状はありません。10mm以上を目安に精密検査を行います。
胆のう結石(胆石) 胆のう内にカルシウムやコレステロールなどが成分の石が形成された状態です。
胆のう腺筋症 胆のうの粘膜と筋組織が増殖する病変です。
胆のう壁肥厚 胆のうの壁が厚くなっている状態です。胆のう炎や肝炎などの際に起こります。
胆のう腫瘤 胆のう内部にできた腫瘍のことです。良性と悪性の区別をする必要があります。
膵 管 拡 張 膵臓から十二指腸へ通じている膵管が拡張した状態です。
膵   石 膵臓にできた結石のことです。
膵 の う 胞 膵臓の中に液体のたまった袋のようなものができた状態です。
膵 臓 腫 瘤 膵臓にできた腫瘍のことです。腫瘍が良性か悪性かを診断するための精密検査が必要です。
水 腎 症 尿路に生じた通過障害によって、腎臓の中の腎盂・腎杯が膨張した状態になったものです。
腎 結 石 腎臓にできた結石のことです。
腎 の う 胞 腎臓内にできた袋状の組織で、基本的には心配のないものですが、壁や内部の状態に不審な点があれば精密検査で確認します。
腎 臓 腫 瘤 腎臓にできた腫瘍のことです。良性か悪性かを調べるため、精密検査を行う必要があります。

喀痰細胞診検査

喀痰中のがん細胞の有無を調べる検査です。

子宮頚部細胞診

がんの多い子宮の入り口(子宮頚部)から細胞をとり、がん細胞の有無を調べます。医師による採取と自己採取の方法があります。

乳腺

乳がんを早期発見する検査です。乳腺触診法、マンモグラフィ、乳腺エコーがあります。触診とエコー又はマンモグラフィを併用する事により、より早くより小さな病変の発見が期待できます。異常があった場合はさらに詳しい検査が必要です。

マンモグラフィ

専用の器具で乳房をはさんでX線撮影を行う検査です。腫瘤のほか、しこりとして触れる以前の小さな乳腺組織の変化や石灰化などもわかります。 以下のような所見がみられます。

腫瘤 乳腺や脂肪とは少し違う内容物でできた塊のようなものです。
石灰化 血管や乳管、病変の一部が変化しカルシウムが沈着するものです。
構築の乱れ さまざまな病態によって正常乳腺が歪んだり引きつれたりした状態です。
局所的非対称性陰影 左右のマンモグラフィーを比較して、濃度に非対称な部分がある状態です。左右別々に下記のカテゴリーを用いて判定します。

【カテゴリー1】
異常ありません。
【カテゴリー2】
明らかに良性と判断できる所見です。
【カテゴリー3】
良性の可能性が高いが、悪性の可能性も否定できません。超音波検査などの追加検査が必要です。
【カテゴリー4】
悪性の可能性が高い病変です。細胞診や生検も含めた精査が必要です。
【カテゴリー5】
ほぼ乳がんと考えられる病変があります。さらなる検査が必要です。

乳腺エコー

乳腺用の超音波診断装置を用いて、しこりの形状や石灰化のようす、腫瘍の有無などを診断します。

脂質

総コレステロール

血液中にある様々なコレステロールの総量です。高い状態が続くと動脈硬化の原因になります。

中性脂肪

中性脂肪は主に食事から吸収され、脂肪細胞や肝臓の脂肪として蓄えられエネルギー源になります。肥満やアルコールの多飲で高値になります。

HDLコレステロール

善玉コレステロールともいわれ、血管壁に付着したコレステロールを運び去る役割があり動脈硬化を防ぐ役目をします。

LDLコレステロール

悪玉コレステロールともいわれ、増加すると血管壁に留まり、動脈硬化に直接関与するといわれています。

動脈硬化指数

TC-HDLC/HDLCで計算され、動脈硬化を起こしやすいかどうか、その指数を調べるものです。

糖代謝

空腹時血糖と随時血糖

空腹時血糖は食後10時間以上で検査、随時血糖は食後10時間未満で検査します。糖代謝異常、糖尿病で異常を示します。

尿糖

糖尿病の可能性を調べます。

HbA1c

過去1~2ヶ月の平均血糖値を反映し、糖尿病では高値を示します。貧血等では低下がみられる事がありますので原因を調べて下さい。

肝機能

総蛋白

血清中の蛋白質の総量をみるもので、栄養状態や肝障害などの指標になります。膠原病では高値になります。

アルブミン

肝臓で合成される蛋白質で栄養状態や肝障害、腎障害等の指標になります。

A/G比

蛋白質の一種アルブミン(A)とグロブリン(G)の比で各種疾患異常の指標になります。

総ビリルビン

肝疾患及び溶血性貧血等で高値になり、2~3mg/dlを超えると黄疸を認めるようになります。

TTTとZTT

肝疾患や膠原病で高値を示します。

GOT(AST)、GPT(ALT)、γGTP(γGT)

肝疾患等で高値を示します。γGTPは飲酒による肝障害をよく反映します。。

ALPとLAP

肝障害や胆道系障害などで異常値を示します。

LDH(LD)

肝障害のみならず悪性腫瘍、心筋梗塞、膠原病などで異常値を示します。

Ch-E

肝細胞で生産される蛋白の一種で、肝障害、腎障害ほか各種疾患で異常値を示します。

肝炎ウイルス

IgG型HA抗体

A型肝炎ウイルスの感染の有無などを調べる検査です。

HBs抗原とHBs抗体

B型肝炎ウイルスの感染の有無などを調べる検査です。

HCV抗体

過去にC型肝炎ウイルスに感染した事があれば、(+)となります。この場合現在ウイルスに感染しているかどうかの血液検査を別途受けて下さい。

膵機能

アミラーゼ

膵臓、唾液腺から分泌される消化酵素の一種で、膵炎、膵癌、唾液腺疾患などで高値を示します。

末梢血液

白血球

各種感染症や白血病などの診断に利用します。

赤血球、血色素量、ヘマトクリット

この項目で異常低値を示すと、貧血と呼ばれます。逆に異常高値を示すと、多血系傾向あるいは、多血症と診断されます。

血小板数

血液凝固に重要な役割をもち、減少により出血傾向が現れます。

血液像

白血球の種類の比率で、色々な病気が疑われます。

MCV、MCH、MCHC

MCVは1個の赤血球の平均容積、MCHは1個の赤血球の平均血色素量、MCHCは1個の赤血球の平均色素濃度で、それぞれ貧血の種類等を判断する指標になります。

血液型(ABO,Rh)

ABO型とRh型の血液型を表します。

鉄代謝

血清鉄

血液中の鉄分を調べるもので、鉄乏性貧血をはじめその増減は様々な疾患で起こります。

電解質

Na、K、Cl、Ca

血清に含まれるナトリウム(Na)、カリウム(K)、クロール(Cl)、カルシウム(Ca)などを測定するもので、身体の色々な異常で増減します。

尿酸

アルコールの摂取や肥満等で高値となります。増加すると腎結石の原因になり、腎機能の低下を招きます。

便ヘモグロビン

消化管特に大腸等からの出血有無を調べるもので、人間の血液にしか反応しませんので、薬や食物の影響は除外されます。

腎機能・尿

尿素窒素

腎機能低下の指標です。消化管出血、脱水症等でも高値となります。

クレアチニン

腎機能の低下により高値となります。

eGFR(推算糸球体濾過量)

腎機能の低下の有無の指標となる数値で、この値が低いほど腎機能が低下していると判断されます。

尿蛋白

腎機能や尿路系の異常がわかります。

尿潜血

腎、尿路、(尿管、膀胱、尿道)等から出血有無を調べます。

尿ウロビリノーゲン

肝障害や胆道閉塞等の指標となります。

尿比重

尿が薄いか濃いかを評価し、様々な病気の可能性を判断するものです。

尿PH

尿が酸性かアルカリ性かをみるものです。

尿ケトン体

飢餓、運動、重度糖尿病などで陽性になります。

尿ビリルビン

尿検査で肝障害の可能性を調べるものです。

尿微量アルブミン定量(クレアチニン換算値)

初期の腎障害をみるものです。

沈渣

尿に含まれる各種細胞、結晶、細菌等を調べて、腎、尿路系の病気または全身的病気の有無を調べます。

炎症反応

血沈

赤血球沈降速度の略で、炎症や血液蛋白異常などの指標になります。

CRP

C反応蛋白といい、炎症で増加します。

ASO(抗ストレブトリジン-O抗体)

溶血性連鎖状球菌の感染に関連のある病気の診断に利用されます。

リウマチ因子(RF)

慢性関節リウマチ等の診断、経過観察に利用します。

梅毒

TPHAとRPR

梅毒感染を調べるものです。

肺機能

肺活量

息を深く吸い込み、ゆっくりと吐けるだけ吐き出した時の息の量です。

%肺活量

年齢、性別、身長などから得られた予測肺活量に対するその人の実測肺活量の比率です。80%以上が基準値で、79%以下では肺のふくらみが悪いことを意味し、間質性肺炎や肺線維症などが疑われます。

1秒量

息を深く吸い込み、できるだけ早く吐いたときの最初の1秒間に吐き出した息の量です。

 1秒率

最大に息を吸い込んでから一気に吐き出すとき、最初の1秒間に何%の息を吐き出せるかを調べます。69.9%以下では肺気腫や慢性気管支炎などが考えられます。

眼底

眼底カメラで撮影し、高血圧、動脈硬化、糖尿病などの全身性疾患の眼底変化をみるとともに、眼自体の病気や脳の病気の影響なども診断します。

眼圧

眼球の内圧を「眼圧」といい、それを測定する検査です。眼圧が低いと網膜剥離、外傷などが、高いと高眼圧症、緑内障が疑われます。

ペプシノーゲン

胃がん、萎縮性胃炎など低値となります。

腫瘍マーカー

PSA

前立腺がん、前立腺炎等で異常高値となります。

CEA

大腸、胃、膵、胆道、肺(腺)、子宮、卵巣、乳がんなどで異常高値となります。

CA19-9

膵、胆道、胃、大腸、肺、卵巣、子宮がんなどで異常高値となります。

CA125

卵巣、子宮、膵、胆道がんなどや子宮内膜症などで異常高値となります。

AFP

肝細胞がんなどで異常高値となります。慢性肝炎等でも高値となることがあります。

SCC抗原

食道、子宮頚部、皮膚、肺(扁平上皮)、頭頚部がんなどで異常高値となります。

CYFRA21-1

肺(扁平上皮)、食道、子宮、胃、大腸がんなどで異常高値となります。

Pro-GRP

肺(小細胞)がんなどで異常高値となります。

甲状腺機能検査

甲状腺ホルモン(T3、FT3、T4、FT4)と脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)と併せて測定することにより甲状腺機能の異常を判断します。

ピロリ抗体

抗H・P抗体IgG

H・ピロリ菌は胃内に生息する菌で、胃炎、潰瘍、がんとの関わりが注目されています。ピロリ菌に感染すると抗体が作られこの抗体を測定してピロリ菌の感染の有無を調べる検査が開発されました。しかし、これが陽性でも過去か現在の感染か区別できませんので確認する必要があります。

骨密度

骨粗しょう症の程度を調べる検査です。

健康診断のことなら瀬戸健康管理センターへ お気軽にお問い合わせください。0561-82-6194 受付時間: 9:00~18:00(日曜休み)